メディカルカット 包丁も下処理もいらない「メディカルカット」 包丁を使わず 下処理済 調理時間 短縮 人件費の節約 品質の均一性

「メディカルカット」のメリット

介護食や看護食の調理場で再度包丁を入れる必要がなく、直接調理に使用でき、人件費のコストダウンと調理時間の短縮ができます。
国産でも海外産でも、原料野菜の栽培から生産までを一元管理しています。
野菜の旬の時期に路地栽培の原料を加工いたします。
そのため品質が生鮮野菜と比べて均一です。

当社のメディカルカットサイズ

メディカルカット一覧表

「メディカルカット」の調理方法

スチームコンベクションの予熱を行う(スチーム量最大に設定)
穴あきホテルパンに厚み(深さ)2cmまで冷凍カット野菜を投入
加熱101℃×5分~15分(野菜と調理目的により時間を調整)
小松菜・青梗菜・法蓮草などは5分程度
冷凍の状態からご使用ください。自然解凍や流水解凍はしないでください。
スチームコンベクションの予熱を行う
解凍加熱した冷凍カット野菜に他の下処理済み食材と調味液を加え蓋をする
加熱調理140℃~160℃×30分~40分(煮物)
(野菜と調理目的により時間を調整)
*炒め物は、炒め煮風になります。
  • 商品リスト
  • オリジナルレシピ
  • 無料サンプル